「結婚はまだ?」と言われて落ち込むあなたへ

アシスト良縁の中野です。

現代はパワハラ・セクハラの認識が広がり、いわゆる適齢期という年齢の方たちも、ひと昔前ほど「結婚はまだ?」と言われなくなってるようですね。

でも、「親戚や上司に言われてうるさいんです」というあなた、先輩方達に言わせると「言われるうちが花」だそうですよ。
人様は、あなたの事情も知らずに挨拶の様に言ってきますが、悪意やあなたを下に見て言っている訳ではない人がほとんどで、「こんにちは」の挨拶のようなものと思っていれば良いのです。

その度に付き合ってる相手に八つ当たりしていては事態は悪くなりますね。
人様は勝手なものです。結婚したら次は、

「赤ちゃんはまだ?」
「お子さんはもう歩くの?」
「お子さんはどこの学校に入ったの?」
「お子さんはどこに就職されたの?
「お子さんの結婚はまだ?」
「お孫さんは出来たの?」

挨拶はエンドレス。どう受け止めるかはあなた次第です。

独身であれば、ある程度の年齢まで「結婚はまだ?」を繰り返されるし、結婚したらしたで上記の言葉掛けがあるものだと自覚していれば「人生そんなものか」と少しは楽になりませんか?

返答は相手との関係の近さで決めれば良いので、たまに会う親戚なら「そうですね〜、そのうちに」、しつこい相手には「色んな方に言われて最近ストレスなんですよ」と笑顔で立ち去る。
感情のコントロールって、

  1. 自分がストレスに感じる言葉を自覚しておく
  2. 相手がどんな気持ちで言ってるかなどと卑屈にとらえたりせず、スルーする
  3. 気分転換の方法を見つけておく

ことが大事です。

それでも言われると気になるってことは、実はあなたは結婚願望があるということでは?
結婚する気持ちを見せない相手と、「長過ぎた春」が「寂しい秋」になる前に適切なアドバイスがあるアシスト良縁に早いうちにいらして幸せをつかんでくださいね。

婚活に関するご相談は、心理カウンセラーによる結婚相談所「アシスト良縁 」まで。
対応地域:安城市・刈谷市・西尾市・碧南市・知立市・大府市・豊田市・岡崎市・名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です