婚活パーティーで関心持ってもらえるPRの書き方

30代恋愛・婚活カウンセラー、アシスト良縁の中野です

センター試験が行われた13日・14日、蒲郡にて「蒲郡商工会議所青年部第9回婚活イベント」「モテ男になるための6つの方法」講演させて頂きました。

鈴木会長やスタッフさんのお話によると、最初の頃は「婚活パーティー」だけ開催していたけど、引っ込み思案な方が多く自信をつけてもらうために、女性にはメイクセミナー、男性には行動面での啓発を計画されたそうです。

午前の女性向けセミナーも、講師の関さんのお手伝いさせて頂きました。
男女共通するのは、自分の売り方が分からない、分からないから行動に出られない方が結構多いということ。
まずは、婚活パーティーに参加しようと思った自分、事前説明会に参加した自分を認めて欲しいですね。

次に自己PRですが、自分の強みや好きなことを書いてみる。
秘訣は、異性が読んで「この人とお話してみたい」と思ってもらえる書き方です。

セミナー中は明るくリーダーシップ取れていた男性が、「僕はオタクです」と一発目から書いていたり、笑顔の可愛い女性が「わたしは人見知りで話し下手です」など、もったいない方が結構いました。

そこは「アニメやゲームが好きで、オタクと思われる部分もあるけど、ポルタリングなどアウトドアも好きです」とか「男性を前にすると少し緊張するけど、動物好きな方に話しかけてもらえたら頑張ります」など、キッカケ作りを提案してみるのもいいと思います。

私に聞いてくる方にはアドバイスしましたが、見せたくないオーラ満載の方もいました。
男性向けには「この子を誘ってみたいなと思われるPR」女性向けには「イメージを膨らませるPR」があります。
彼氏彼女が欲しいなら、話しかけてもらえるチャンスを作るのは自分自身です。

アシスト良縁に入会されて、実力つけて色々な婚活パーティーに参加するのも婚活の手段ですよ!
「新春キャンペーン」もあと2週間、お問い合わせお待ちしてます。

婚活に関するご相談は、心理カウンセラーによる結婚相談所「アシスト良縁 」まで。
対応地域:安城市・刈谷市・西尾市・碧南市・知立市・大府市・豊田市・岡崎市・名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です