“男と女”上手な喧嘩の方法「女から男へのNGワード~第3位」

アシスト良縁の中野です。

そろそろ紅葉の季節ですね。
東海地区にも見所がたくさんあるので、アシスト良縁の会員さんもデートを楽しみにされてます。

先日、ブログにアップしました『“男と女”上手な喧嘩の方法「男から女へのNGワード」』について、多くの方からの感想をいただいています。
中には、「勉強になります」と高評価をしていただいて、私としても参考にしていただけて嬉しいです。

さて今回からは、逆に「女から男へのNGワード」と題してアップしていきたいと思っています。

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

まずは、第3位…

「あなたは何も分かってない」

です。
私も女なので、その言葉を言いたくなる気持ちよく分かります。
例えば、「彼のためにと頑張ったのにスルーされた感じの時」「嫌なことあって慰めて欲しいのに説教された感じの時」
言いたくなりますね(^^ゞ

でもそう言われると、男性としてはは全否定された様な気がしてガックリくるそうです。
好きな人が落ち込んでいるのを見て、励まそうとアドバイスしたのに「何で?」と頭が真っ白になる人もみえるみたいです。

男が女の気持ちを理解するのはかなり難しいんです!
そう言いたくなった時は、自分の気持ちを見つめて表現することが大事!

「あなたの喜ぶ顔が見たくて料理したのに、反応ないのは寂しい」
「友だちと喧嘩して悲しいんだから、その気持ちだけ受け取ってくれればいいの」
と伝えてみましょう。

どんな反応があるか?
どうしたらもっと上手くいくのか知りたい方は、ぜひ中野に会いに来てくださいね。

今日の言葉

「相手を責めるより自分の気持ちを伝えよう」

婚活に関するご相談は、心理カウンセラーによる結婚相談所「アシスト良縁 」まで。
対応地域:安城市・刈谷市・西尾市・碧南市・知立市・大府市・豊田市・岡崎市・名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です