男性が「この娘と結婚したい」と思う3つのポイント

アシスト良縁の中野です。

東京に住む甥夫婦が泊りがけで遊びに来ました。
可愛く賢く気立ての良いお嫁さんは、妊娠7ヶ月です。
2人の息子がいる私にとって、長男のような甥が、さりげなくお嫁さんを労わる姿を見て、微笑ましくて和やかな気持ちにさせてもらいました。
安産願ってるよ^_^

甥はもちろん、男性会員さんと接したり、夫婦カウンセリングの経験から、男性が彼女をお嫁さんにしようと思うポイントってこんなことかなと思うのを私なりにご紹介します。

1.弱音を吐いても大丈夫と思えた時

昭和の時代ほど「男は泣くな」と育てられてない彼らですが、弱っちいと思われたくないのが男性です。
仕事のミスなどを呟いた時に軽蔑されるのではなく、非難されるでなく、優しく受け止めてもらえると安心してこのことなら一緒に生活していけそう と思うみたいです。

2.男性の親のことを考えてくれる

ほとんどの男性は、マザコンと言われるのは嫌いですが、育ててくれた親は大切だと思っています。
だから、母の日などのイベントに「プレゼントを一緒に探しましょう 」と彼女から提案されると気が効く娘だなとグッとくるそうです。

3.母性を垣間見た時

子どもが出来るかどうかは未定だけど、家族を作りたくて結婚を考えるのが一般的かと思います。
彼女の子どもを見る眼差しが優しかったりすると、暖かい家庭を築けるのかもとホッとするみたいです。

他には、テッパンではありますが「胃袋を落とす」も重要です。
もちろん男性の味の好みもありますので難しいですが、料理下手でもやる気を見せるだけでも違うみたいです。
また、「この娘の笑顔を独占したい」「俺を頼りにしてくれる」と思った時なども結婚へのステップになるそうです。
逆に、日常の行動にいちいち干渉してくると「こんな重たい娘と一緒になるのは面倒」と結婚の意思が遠のくみたいです。

アシスト良縁は、社会経験を積んで、それぞれの夫婦は仲良しですが、性格が全く違うおじさん&おばちゃん2人が経営しています。
そのせいか「男目線、女目線、親目線、多角的なアドバイスが役に立つ」と会員さんに好評です。

いつの間にか縁を遠ざけてしまっているかもと思うあなた
生き方の癖を変えたいあなた
お話してみませんか?
無料カウンセリングのお申し込み待ってます!お気軽にお問い合わせくださいね!

今日の言葉

「結婚したいなら、プロに適切なアドバイスもらう方が早道で空回りしません」

婚活に関するご相談は、心理カウンセラーによる結婚相談所「アシスト良縁 」まで。
対応地域:安城市・刈谷市・西尾市・碧南市・知立市・大府市・豊田市・岡崎市・名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です