結婚に対する覚悟とは?

アシスト良縁の中野です。

全国書店で1位続出、56万部突破、佐藤愛子著者「九十歳。何がめでたい」を読んだ方はいますか?
私は面白くて一気に読みました。

新聞の人生相談「40代男性との結婚に、親が反対している20代女性のお悩み」で、その回答に対する愛子氏の意見が書いてある章があります。

回答者は、
「どうしても彼と添い遂げたいなら、一生彼を愛するその意志を曲げない覚悟が必要」

愛子氏は、
「長い年月の間に、やがて来るかもしれない失意の事態に対する覚悟が必要」
と説いてます。
あなたはどちらが大切と思いますか?

愛子氏は、
「たとえ後悔し苦悩する日が来たとしても、そこを人生のターニングポイントにしてめげずに生きていく覚悟があれば怖くない」
とおっしゃっています。

考え方は人それぞれですね。
愛子氏に比べれば、私の人生経験なんてまだまだ甘いです。
でも、1万人以上の方の相談受けてきて、「結婚は恋する気持や一緒にいると楽しいね」だけでは続かないと実感しています。
配偶者の病気、リストラ、子どもの非行や不登校、親の介護等、思わぬ事態が起こったときに、「人生の分岐点、ここは乗り越えていくしかないね」と一緒に腹をくくれそうな相手かどうか自分の直感を信じて結婚決めるのは大事な気がします。

美人やイケメンは、本当に目の保養になりますし高年収はとても魅力的。
男も女も、40過ぎると顔の造作やお金持ちさんよりどう生きてきたかが、その方の魅力を醸し出している気がします。

その下地は20代から始まっています。
先週入会された30歳Yちゃんは、他の相談所と比較したうえで、
「親や友達ではなく、客観的な目で見てくれると思いアシスト良縁を選びました」
と言われとても嬉しいです。
大切な会員さまたちの人生の選択ですから、これからも五感と経験と知識をフル活動していきますね!

婚活に関するご相談は、心理カウンセラーによる結婚相談所「アシスト良縁 」まで。
対応地域:安城市・刈谷市・西尾市・碧南市・知立市・大府市・豊田市・岡崎市・名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です