もう一度会ってみようと思い思われるポイント

刈谷・安城・西尾・碧南・大府など、西三河で一人ひとりのお人柄に寄り添って婚活のコツをお伝えしている、アシスト良縁成婚カウンセラーの中野です。

交際につなげなきゃ意味が無い

当たり前ですが、結婚するためにはお見合いで好印象を持ってもらい、また会おうかな!と双方同意して交際を進めることが大事です。
結婚相談所の出会いは、今まで交際経験無かった男女でも仲人カウンセラーの努力もあり、月に5.6人の方とお見合いが出来たりします。
わたしは「一般的に入会して2カ月位までがモテ期だから、そこでご縁をつかむ気持ちでいこうね」とアドバイスしております。
がしかし、毎日沢山の新規会員さんが婚活デビューされるアプリ画面を見ているせいか、いつまでも大丈夫という錯覚に陥り、自分が相手を選ぶ感覚になる方が多いです。

交際に繋がらない男女

せっかくお見合いが成立したら、相手に友だちとしてもう一度会っても良いなと思ってもらえるように会話を繋げる気持ちが大事です。
わたしは、今までも色々な事例で注意喚起してきましたが、今回はお見合いから交際に成立しにくい方の傾向の例とその理由をお話します。

  • 男性あるある
    お見合いの時にお相手の方の婚活歴、お見合い回数、交際中の人数を聞く、または自分の婚活歴を話して「僕の何がいけないんでしょうね?」と訊く。「僕は交際希望と出すからお断りしないでください」と頼む。
  • 女性あるある
    上記質問をされて困ったり不愉快、ドン引きして「非常識な人だから次はなし」のお返事をする。

男と女の感覚の違い

これはナンバー1指向の男と、オンリー1指向の女の違いから生じてます。
男性は目の前の女性に気に入ってもらいたいと潜在的に感じると「あなたにとっての1番」を示したくなるので、ライバルの存在を知りたくなる。
つまり事実確認。そして女性に優しい笑顔を向けられると「自分に関心を持ってくれてるから甘えてもよい」と勘違いしてしまい相談に乗ってくれると甘えたくなるのです。

一方、女性は一般的に防衛本能が強いです。だから相手の男性がドストライクで好意を持たない限り、初対面で自分の交際状況を聞かれるのは無理やり上着を脱がされたような気分になります。
また潜在的に自分を守ってくれる男性を求めているのに、男性から悩みを相談されると「私はあなたのカウンセラーかい」とこの先も頼れない男だとガッカリします。ましてや断らないでと言われたら静かな脅迫を受けた気分になります。

男女どちらも悪気は無い

男性は女性はとても慎重な生き物と頭に入れておきましょう。
あなたは事実確認のつもりでも女性は怖れを感じています。目の前の女性を素敵だなと思ったら「自分を気に入ってもらうために何ができるかな?」ではなく「このこを楽しませるためには何が出来るかな?」と考えましょう
その発想でいけば「好きな食べ物は?よく聴く音楽は?」と女性が関心を持っているコトやモノに表情を見ながら質問を向けてみましょう。
【この人はわたしを大切に思ってくれそうだな】と感じてもらえたら次に繋がります。

一方女性は、男性の先の質問や懇願は感覚の共有よりも事実を知って安心したい男の習性だと少し大目に見てあげてほしいです。
もし婚活歴を聞かれたら「そんな話は苦手です。」交際を懇願されたら笑顔で「今日はありがとうございました」とヤンワリと伝えましょう。
少なくともあなたに悪印象を持って無い言葉です。非常識だと決めつけないで男性の人となりを知るためにもう一度会ってみることをおすすめします。直球でぶつかってくる男性は、嘘が苦手で誠実な人が多く結婚したら浮気もせず良いパパになる傾向は強いです。

次につなげる大切さ

初対面は誰でも緊張するのが当然です。初対面で長所全開出来る方なんて希少です。
初対面でマイナス判断するのは、あなた自身が自己防衛に必死ともいえます。

結婚相談所の出会いも、最初は友だちとしてOKから始まります。
肩の力を抜いて今しか出来ない出会いを楽しめる婚活を始めてみませんか?

無料カウンセリングのお申し込みは希望日時を複数ご提案くださいね。

婚活に関するご相談は、心理カウンセラーによる結婚相談所「アシスト良縁 」まで。
対応地域:安城市・刈谷市・西尾市・碧南市・知立市・大府市・豊田市・岡崎市・名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です