親御さま必見!昭和と令和の結婚事情の違い

8月の成婚ラッシュに続き、9月もその予感のアシスト良縁です。
お見合いから交際、そして婚約までの大事な真剣交際に入った会員さまが、親御さまの頑な価値観で上手く進まないことが時々あります。
わたしも親ですから、子どもを愛するからこそその価値観を伝えたくなる気持ちはわからなくもありません。
子どもの幸せを願うなら、昭和と令和の違いを理解しておくのも一つかと思っての文章です
下記7点、あなたも同じ考えではありませんか?

  1. 結婚相談所はワケあり、変人が世話になるところ
  2. 実家暮らしの人はちゃんとしている
  3. 2世帯、敷地内同居は経済的
  4. 長男、長女は跡取り
  5. 身上書交換、結納は当たり前
  6. 自然に子どもは授かる
  7. 結婚は男が年上が普通

その考えかたを令和版で解説しますね。

  1. 相手の環境、属性がわかる結婚相談所は、日常では出会えない方と効率的に安全に出会える最適な場所です。
    素敵な男女が沢山在籍してます、但し釣り合いは存在します。
  2. 実家暮らしが長い=男女共に家事は親任せ、依存体質、経済観念乏しいと思われる可能性高いです。
  3. 親にお金があるなら、離れた場所にマンション買ってもらう方が良いが一般的です。
  4. お相手が長男長女というだけでお見合いも反対はナンセンス。親も長子の子どもに期待しないことが子どもを苦しめません。
  5. 両家の意向確認が必須です。
  6. この言葉は破談例があるほど、だから禁句。心配なら我が子とブライダルチェックの話し合いもあり
  7. 現代女性は33歳位から年下志向が増えます

いかがでしょうか?我が子の結婚をヤキモキするのなら、令和事情を理解した上で話し合うことが、子どもの未来の幸せに繋がります。
親にとって結婚の話を切り出すのはなかなか難しいですね。
その導線に繋げるために、中野の過去のブログ(以下)も参考にしてくださると幸いです。

ご入会された会員さまと親御さまの笑顔がわたしの喜びです。
中野に任せてくだされば幸せのお手伝い頑張ります。

婚活に関するご相談は、心理カウンセラーによる結婚相談所「アシスト良縁 」まで。
対応地域:安城市・刈谷市・西尾市・碧南市・知立市・大府市・豊田市・岡崎市・名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。