結婚相談所入会者を「お客様」と言わず「会員さん」と言う理由

アシスト良縁の中野です。

結婚相談所に入会される方で、ご自分はお客様と思っている方は婚活が上手くいきません。

飲食店、車屋さん、電器屋さん、デパート、スーパーは、それなりのお金を出せば欲しいものは手に入ります。
キャバクラやホストクラブも、お金を出せば笑顔とあなたの気持ちをアゲてくれます。

しかし、結婚相談所は相手もお金を払っています
だから、先ずは貴方が気にいる方に気に入ってもらえる努力をすることが必要です。
結婚相談所の素晴らしいところは、「普段の生活で出会えないような異性とお見合い出来るチャンスに恵まれる」ことです。

Aさんにふられたら、Bさんとお見合いしてお互いを知る努力して結婚してもらえるように頑張れば良いのです。
結婚情報サービスは、自分のひとり相撲になりがちなので、ともすれば努力が空回りになります。

アシスト良縁は、

  • 交際が上手くいかない
  • 2人同時に気に入られている
  • 2人とも同じくらい好き
  • 相手の気持ち知りたい
  • デートの方法、誘い方がわからない

様々な悩みに対して、「寄り添いアドバイス」します。
沢山の知識と、労力や時間にお金を払ってもらっているんです。

だから「アドバイスに従い、能動的に動いて、お相手の気持ちを自分に向けさせる努力をした方」は成婚されます。

お金を払って理想の異性とすぐに結婚出来るのは、35歳くらいまでのかなり高スペックな男性か、30歳前の素直で可愛い女性。
でも、私たちのアドバイスに耳を傾け活動される会員さんは、50歳代でもバツがついててもトットと成婚されてますよ。
お客様気分で、与えてもらうことだけ待っていて報告や連絡、相談されない方はお金の無駄遣いです。

「ほっとかない相談所」がアシスト良縁です!

婚活に関するご相談は、心理カウンセラーによる結婚相談所「アシスト良縁 」まで。
対応地域:安城市・刈谷市・西尾市・碧南市・知立市・大府市・豊田市・岡崎市・名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です